憧れのアニメーターになるためのステップ

アニメや絵を描くことが好きな方には、アニメーターという職業にあこがれを抱いている方も多いのではないでしょうか。アニメーターとは、映画やテレビのレイアウト、作画、撮影などを行う仕事で、作画では、動きの起点や終点となる原画担当と、それらをつなぐ動画担当とにわかれ、絵をひたすら描くことが仕事です。初めのうちは動画を担当し、スキルを積んでいくうちに原画を任されるようになります。そんな憧れの職業アニメーターですが、実は資格は必要ありません。しかしながら、即戦力として活躍できるようある程度の絵の実力は必要です。原画においては、どんなものも描けるデッサン力や想像力が、動画においては線の美しさやテクニックなどが必要といえます。そのほか、チームで作品を作り上げることから、コミュニケーション力や責任感も必要であり、知識や技術だけでなくある程度のトレーニングが必要といえます。

アニメーターになるために必要なのは絵を描く力だけでない

プロとしてのアニメーターを希望するのであれば、絵を描く力だけでなく、自分の役割をきちんと理解し、周りと協調することや最後までやり遂げる粘り強さも持ち合わせておきたいものです。仕事ですので、自分だけのペースでは進められません。締め切りに追われることもあります。そういった場合に対応できる忍耐力や夜通し作業ができる体力なども必要です。資格は必要ありませんが、色彩について学ぶことやあにメーションやCG映像などの知識も持ち合わせていれば、より即戦力として活躍できます。そういった検定などもあるので、絵の力を磨くだけでなく、資格取得をしておくのもアニメーターへの近道といえます。アニメーターを目指す方が通う専門学校などもあり、アニメ制作の世界を実際に体験できる授業もあります。ぜひ検討してみてください。

アニメーターを目指すなら専門学校もおすすめ

アニメーターを目指す方が通う専門学校では、一般的な美術を学べる学校とは違い、実際の職場体験ができるのが醍醐味です。作品に携われるだけでなく、職場の雰囲気や実際に使う道具やソフト、機材なども触れることができます。絵が描けてもパソコンを使いこなせないといった場合にも初歩から指導を受けることができます。実際にデビューできるような後押しもあり、プロを目指しながら勉強しているという方も少なくありません。自分が手掛けた作品へプロからアドバイスを受けることができます。プロの目にとまり、スカウトされることもしばしばあります。プロになるまでにできるだけ多くの経験を積み、スキルアップをはかることが大切です。プロとして作画に携われるようになったら、作画監督などステップアップも可能です。夢をかなえられるよう頑張ってください。

現役のアニメーターの話を聞くだけではなく、セミナーで実際に課題をこなし、アニメーターから直接指導を受けることでよりセミナーの内容を理解することができるようになっています。 総作画監督・キャラクターデザイン足立慎吾のセミナーの受講料は1回の受講につき各6.000円(税込)になります。(全2回開催) アニメーターのインタビューを掲載するだけでなく、セミナーの風景をレポート写真を多数掲載しております。 アニメーターになるならアニセミにお任せください!