アニメーターになるためにしておきたいこと

アニメが好き、絵を描くことが好きなあなた、できれば将来好きな事や趣味を生かした仕事がしたいと考えていませんか。アニメーターという仕事があります。アニメーターになるには、学歴や特別な資格は必要ありません。もちろんアニメーションの専門学校や美術系の大学に進学しアニメーションを学ぶことによりアニメーターとしてのスキルを身に付けておくのも一つの方法です。その後、アニメーションの制作会社やスタジオなどに就職し、アニメーターとして着々と準備を進めていくのです。アニメーターとして一番に求められるものはプロとしての「画力」なので、十分なスキルさえ備わっていれば、直ぐにでも仕事を始めることは可能です。しかし、現在のアニメーションの世界は、CGなどのデジタル技術が発達していることもあり、コンピューターを使ってアニメを制作する方法も身に付けなければなりません。

アニメーターになる為の第一歩とは

アニメーターとして絵が上手なのはもちろん大切です。アニメーションの専門学校や美術大学などのアニメーション学科などで、画力やデッサン色や画面構成などを身に付けます。ただ、絵を描くことが他より優れているだけでは務まりません。専門学校に通うことにより、アニメーターとしての必要なスキルを学ぶことが出来ます。専門学校と大学ではカリキュラムがかなり違ってきますので、よく検討することをお勧めします。卒業後、アニメーションの制作会社やスタジオに就職できたからと言って、アニメーターとして本格的な仕事が出来る訳ではありません。下積みとしての仕事があります。まずは、その仕事を忍耐強く続けていくことが必要となります。体力的にも精神的にもキツイ仕事ですから、アニメーターになるという強い意志を持つことが大切でしょう。

プロのアニメーターへのステップ

画力があってプロとしてアニメーターの仕事をしたいと考えていませんか。アニメーターとしての仕事の種類や一日の過ごし方などもきちんと調べていきましょう。また、現在ではコンピューターを使ったCGアニメーターや3Dアニメーターといった職種もあります。アニメに対しての情熱やアニメ世界の現状を変えてやるという意気込みや、過酷な労働条件に耐えられるだけの体力と精神力が必要とされます。プロのアニメーターへのステップとして原画と原画の間の絵を描き、動きを作る動画マンからアニメの基点をつくる原画マンになる時が最初の出世と言えるでしょう。人並みに生活出来るまでには、最低3年の下積みが必要と言われています。プロのアニメーターになるステップとしていかに、下積み期間に耐えられるかではないでしょうか。