基本的なことを抑えておきたいアニメーターの仕事

アニメーターというのは、アニメーショ制作する上で、作画の原画や動画を担当する人の事を言います。なので、アニメーターになる上で必要不可欠な事は、画力です。最近ではデジタル化が進んでいますが、デジタルでもアナログでも、絵を描くという作業がある事にはかわりませんので、きちんとした画力が必要となってきます。人物も当然描きますが、動物や家、雲や木々などの背景も描かなければいけません。ですので、日頃からこういった風景などはデッサンをするように心がけ、画力と同時にデッサン力も身につけるといいでしょう。本気でアニメーターを目指すのなら、アニメーターを育成する専門学校もあるので、そちらに進学してアニメーターを目指すのもいいでしょう。絵が上手い事が必須条件となりますが、それ以外にも技術を学ばなければいけません。

アニメーターとしての基本的な仕事とは

アニメーターは普通の会社に勤める会社員と違い、フリーランスとして活動している人が多いです。もちろん、そういったアニメ制作事務所に所属して活動している人も多いですが、大概の人はアニメーション制作募集を見て応募し、それで合格すればアニメーション作製のスタッフの一人として制作に係わっていくというスタイルを取っている人が多いようです。その為、給料は月額制と言うより歩合制が多くなります。アニメーターとしての基本的な仕事は、そのアニメに出てくるキャラクターを描いたり、背景を描いたりと、絵を描く事が主になります。アニメーションというのは私達が目にしているのはもちろん動いているものですが、キャラクター一人を動かす為には、実は何枚もの絵が必要になるのです。扉を開ける動作一つ取っても、コマ撮りをする為、少しずつ動いている絵を何枚も重ねるためです。

プロのアニメーターになる為に必要な事

アニメーターになって一番嬉しい事は、自分が携わったアニメーションのエンドロールに自分の名前が出るということではないでしょうか。ですが、1つの作品に携わるアニメーターの人数は計りしれません。1日に何十枚、何百枚との絵をひたすら描き続けなければいけないアニメーターは、いやが応でも画力が上がります。ですが、その画力も他のアニメーターの人達は数々の作品で培ったものもあるかもしれませんが、基本的な知識は、専門学校で学んでいる人が多いです。あと、学校に通えばアニメスタジオとの繋がりも多く存在しているので、就職も楽にでき、プロのアニメーターになる道が近いでしょう。画力に自信がある人は、直接自分の描いた絵をアニメスタジオに持ち込んで、自分を売るという手もあります。アニメーターというのは早く上に上がらないと収入がアルバイト並みの収入しかありません。特にフリーだと貯蓄が必要となります。