企業そのもののブランディングとは

企業におけるブランディングとはどういうものでしょうか。一般的にはブランドというと、化粧品や車、ビールといった個別の商品のことを指す場合がほとんどです企業は、それら個別商品を魅力的に見せるために、莫大な広告投資をして購買意欲をかきたてます。一方、例を挙げるとユニ●ロのように、企業そのものがブランドとして確立しているケースを考えてみてください。「ユニ●ロを買った」「家ではユニ●ロを着ている」など、企業名だけで会話が通じますよね。それは、企業名自体にイメージがあって、ユーザーに浸透しているからなんです。例えば、「このメーカーは、安いのに品質とデザインが優れている」といった共通認識です。このような共通認識があると、いちいち個別商品ごとに広告投資をする必要がなく、効率的に認知拡大やイメージ喚起を行うことができるため、とても重要な考え方です。

企業ブランディングとは商品価値向上の戦略である

企業が自社の製品・サービスを広く認知してもらうために、他とは異なるものとして名前、デザイン、ロゴなどの特徴を付けることをブランドと言います。特にブランディングとは、会社の製品・サービスをブランド化して価値を高めることを指します。商品に魅力的なキャッチフレーズを付けたり、注目されるようなシンボルマークを付けたりなど、視覚や聴覚に働きかける方法がありますが、覚えやすく特徴的でなおかつ品質をよく表すようなブランドを設定することは非常に難しいことです。しかし、これを行うことによって消費者の心の中の商品への印象が良くなったり、そのブランドのファンになったりと自社の商品価値を高めることができるため、市場競争力をつけるためには非常に重要な戦略であると考えられています。また、一度確立してしまえば、そのブランドネームの中で他の新商品をリリースしたりなど、拡張していくことが可能です。普段良く目にするキャッチフレーズやロゴは、私たち消費者をファンにするために多くの苦労をかけて考え出されたものなのです。

企業にとって重要なブランディングとは

企業にとって、ブランディングは非常に重要です。ブランディングとは、簡単に言うと、その企業の名前や、製品の名前を聞いて、顧客がどのような事をイメージするのか、またはその名前に対してどのようなイメージを持つのかを、うまくコントロールする事です。例えば、ある海外の有名ブランドの財布がかなりの高値で売っているとします。すると、私たちは、これはあのブランドの物で、これだけの値がするのだから良いものに違いないと、その製品を手に取ってみなくても感じてしまいます。これが、一種のブランディングの成功例と言えるでしょう。逆に、あるメーカーの製品が、高値で売っていた場合、あのメーカーのがこんなに高いなんておかしいと感じる事もあります。この様に、顧客が持つイメージと言うのは、製品の売り上げにかなり影響してきますので、適格なブランディングが必要不可欠です。