リスティング広告とは

皆さんはリスティング広告と言うものを知っていますか。

私も色々調べてみて沢山の事がわかりました。

最初は、何が何だかわからなかったのですがやはり調べる事って大事ですね。

それでは、リスティング広告について説明して行きましょう。

リスティング広告とは、GoogleやYahooのような検索エンジンを利用した広告システムの事を言います。
検索エンジンを利用した広告システムにより、従来のターゲットの絞り込みが抽象的なマス広告よりも濃い見込み客を集客することができます。
Googleが提供するリスティング広告サービスを「Google AdWords」、Yahooが提供するリスティング広告サービスを「Yahoo!リスティング広告」といいます。
例えばあなたが美容グッズを販売しているとしましょう。美容グッズを購入しそうな見込み客が検索エンジンで検索しそうなキーワードには「美容」や「美容グッズ」や「美容 方法」といったキーワードが考えられます。
もう少し属性を広げれば「痩せる」「ネイル」「ダイエット」といったキーワードも考えられます。
このように見込み客になりそうなキーワードをGoogle AdWordsやYahoo!リスティング広告に入稿することによって、GoogleやYahoo(提携サイト含む)でそのキーワードが検索された際に検索結果画面の広告枠に広告を表示させることができます。

んウェえっと

ショッピングをしていた次の日、ネットをひらいたら、昨日見ていたブランドのHPやオンライインショップのページ等が出てきます。

それがリスティング広告です。

では、リスティング広告のメリットを紹介して行きましょう。
リスティング広告は非常に優れた広告媒体でメリットが数多くあります。
まず、掲載だけでは、広告費がかからないと言い事です。

リスティング広告の課金システムは基本的にクリック課金型広告です。

クリック課金型広告とは、広告がクリックされた(つまりホームページを実際に見られた)数に応じて費用が発生するというものです。

だから、みんなが見れば見るほど課金されて行くと言うシステムなのです。
だから、広告を掲載しているだけでは費用がかかりません。例えば折り込みチラシのような従来の広告であれば、広告を見られていなくても高額な広告費を支払わなければなりません。しかしリスティング広告では実際に広告を見てホームページに訪問された数だけの広告費を支払えばOKです。