リスティング広告のメリット

まず費用対効果が常に良いということ。

リスティング広告の特徴は掲載先をキーワード毎に細かく設定できます。製薬に繋がりそうなキーワードに入稿していくことにより、費用対効果の悪い掲載先に広告が掲載されることを避けることができます。
例えば東京で税理士をしているのであれば、「東京 税理士」というキーワードで検索されたときに広告を掲載するようにします。「東京 税理士」で検索する人のほとんどは「東京で税理士を探している人」、つまりあなたの広告にマッチしている濃い見込み客ですので、成約率が高くなり費用対効果が良くなります。
広告の単価は、キーワードにもよりますが1クリック数円~数百円程度と非常に安価です。リスティング広告を上手に運用していけば1クリックわずか10~20円で、一日数万人の見込み客を集めることも可能です。

そして即時にコントロール出来ると言う事です。

従来の広告は、広告を掲載するには広告代理店を通し数カ月単位で契約しなければなりません。1ヶ月20万円の広告を掲載して、全く問い合わせがなかったとしてもその20万円は返ってきません。複数月契約であれば、効果がないと分かっていながら毎月広告費を支払わなければなりません。

このシステムはとてもせつないですね。

保険の掛け捨てと同じなのではと思います。

数分のタイムラグはあるものの、「今月はちょっと広告費が厳しい」という状況であればクリック1つで広告の掲載を停止することができます。

もちろん広告の再開も1クリックで自由に可能です。また、広告の掲載のON・OFFだけでなく、クリック単価の変更や入稿キーワードの追加・削除・変更、広告文の変更も一瞬で可能です。
この他にも数多くのメリットがリスティング広告にはありますが、大まかに挙げるだけで以上のようなメリットがあります。

しかし、この様なシステムを考え付くと言う事がとても凄いと思いました。

やはり、パソコンを触っていて興味のある広告がでていたらやはりクリックしてしまいますもんね。

理にかなっていると思います。

何度わたしもそれで買い物をしてしまった事か。

しかし、企業的にはとても良い広告媒体なのだと思います。

他にも、もっとたくさんのメリットがリスティング広告にはあります。でも

上げれば上げる程キリがないのでこの辺にして置きましょう。